Wifiが到着!ようやくネット環境の構築が終了

 

3月末頃に勤務先近くの物件に引っ越したのですが、ネット環境が存在しないという劣悪環境でした。

私はソフトバンク光を使っていたのですが、なんと引越し先では工事ができないので整備不可能と言われたのです。

「物件が高所にあり、光回線を引く工事が物理的に困難な場所なので、申し訳ありませんが光回線の工事ができません」と工事関係者から拒否されました。

 

先月まで東京に住んでいた私は衝撃でした。

物件がダメという以前に、その場所に建設されている建築物に光回線を引くことができないというのは初めてでした。

田舎ですし、仕方ないと思ったのですが、問題はここからです。

 

無制限で使い放題(通常利用なら)のネットを利用できなくなってしまいました。

この情報社会でネット環境が存在しないというのは非常に不便。

というか、生きていけない。

 

4月になり、携帯会社の通信量がリセットされたのですが、私の契約しているプランは月に7GBという低容量プラン。

今までは外で大量の通信を行うことがなかったので、このプランでも1ヶ月保っていました。

しかし、現在私の手元にあるネットと繋がっている機器はiPhoneのみ。

そんな状況で7GBなんて長く保つわけもなく、金曜日頃には通信制限となってしまいました。

 

私はここ半年ほど制限速度を経験したことはなかったのですが、これがまた遅いですね。

非常に遅い。

これをサービスとして提供するなんて、どう考えても成立していない。

不便云々ではなく、使い物にならないんですよ!

最近のWebサイトは画像の利用が増加していますし、私の速度では読み込みが不可能というレベルにまでなってしまいました。

 

流石にこれではプログラミングをやれる環境ではないな、と感じたのでモバイルWi-Fiを早急に入手しなければと思いました。

実は既にmugen wifiを申し込んでいたのですが、昨今のコロナウイルスの影響でまだまだ発送される気配がないので私は他のモバイルWi-Fiさんを探し、契約をし直しました。

私は3/17頃にmugen wifiを申し込みましたが、発送が遅々として進まないのを見て、これは無理だろ、となりました。

それからどんな時もwifiの通信障害もあり、無制限を謳っている企業さんとは契約できないな、と思いました。

無制限というのは魅力的なのですが、使いすぎれば制限をかけられるというのは非常にリスクが高いですよね。

 

そもそも、何をもって使いすぎと判断するのか。

その判断基準がどの企業も明確にしていません。

「他の利用者に影響を与えるような使用なら制限かけます」と言われてもこちらはどの程度がそれに引っかかるのか全くわかりません。

それに加え、その制限をかけるかどうかを全て企業側の裁量でできてしまうことも懸念材料でした。

 

ということで「無制限」を謳う製品は避け、この容量は絶対に使えますよという商品を探すことにしました。

そこで見つけたのがD3Wifiです。

ソフトバンクのSIMをレンタルでき、100GB〜300GBまで契約の幅があります。

その契約した容量までなら通常通り使用可能というもの。

私が契約した300GBの場合、300GBは確実に速度制限無しで使用できるのです。

いきなり通信制限を食らうこともありませんので、自分の使い方に気をつけていれば問題ないでしょう。

 

 

そんな感じで、消去法的な考えで契約したWi-Fi。

速度は遅くも早くもない微妙なライン。

住んでいるところが田舎で山の中というのが遅い原因なのかな、と考えています。

とりあえず、300GBは使えますので、しばらくはこれで生活していこうと思います。

 

やっとRuby on Railsの勉強が再開できる。

ググることを満足に出来ないことがこれほど開発のハードルとなってしまうとは・・・。

仕事も本格的に始まりましたし、なんとか進めていこうと思います。

工場勤務で着替えに時間がかかり、拘束時間が非常に長くなってしまうので、限られた時間は有効活用できるよう努力しなければ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました